So-net無料ブログ作成

専門学校生が増加!世相を反映し着実に資格・知識を [新卒 学生 就職活動 面接 内定]

(本人に)学ぶ意欲がないのに、親が言うからとか、みんな行くから、という理由で

最低4年間と高い学費を払って大学に行く必要があるか、本人も親も考えざるをえない時代になった。



国内の市場は成熟し、超高齢化が進む日本において、ほぼ全業種の市場は縮小を続けており

景気が回復しても、リーマンショック以前の「ステージは無い」



奨学金返済の滞納者も約20万人となり、就職氷河期も長く続き、30社~50社受けても就職できなかった新卒学生も多く、7人に1人は就職留年している。



そんな中、専門学校の学生数が増えており、中でも介護福祉関連や公務員、教員関連が人気がある。



ニュートン.jp Newton TLTソフト | Newton e-Learning




人間関係の極意 コミュニケーションの真髄 [日記]

(産経ニュースより)
福岡の元高校教頭、平岡さん「あいさつ運動」46年

長年の教員生活を終え、68歳の今も毎朝、地域の小・中学校の校門に立ち、子供たちにあいさつを続ける男性がいる。西日本短大付属高校の元教頭、平岡三光さん=福岡県広川町。荒れていた学校を立て直そうと始めた運動は46年目を迎えた。「あいさつで伝えられる心は万国共通」。昨年から始めた海外での活動は、今年さらに広がっていくという。
 「さあ、元気な声で。おはようございます」
 広川町立下広川小の校門前では平岡さんが「あいさつボランティア大使」のたすきをかけ、児童らの何倍もの声を響かせた。
 あいさつ運動を推奨する「全日本あいさつボランティア協会」(同県みやま市)が「大使」の称号を贈ったのは昨年2月。「あいさつのすばらしさを世界にも広めるのが私の使命」と、平岡さんは長年続けてきた運動を海外でも始めた。
 昨年6月には西短の姉妹校となっている韓国の学園、今年3月には中国の学校で、通学中の生徒らにあいさつ運動を実践した。夏から冬にかけては、ベトナムとオーストラリアの学校への訪問を計画している。
 運動を始めたのは大学卒業後、西短付高に赴任して間もなくのころだった。当時、“問題児”たちは授業を聞かず、学校を休んでは校外でトラブルを繰り返していた。
 「教師とまともに向き合う生徒がいない。生活の基本となるあいさつで、心を変えることはできないか」。平岡さんは生徒たちを見ながら、そう考えた。
 現在の北九州市で育った平岡さんは、小学3年生のころから6年間、新聞配達をして家計を助けた。「あいさつする人間に不幸はない。相手にきちんと聞こえる声であいさつしろ」。両親にそうしつけられた平岡さんは毎朝3時半に起床し、「おはようございます。朝刊です」と大声であいさつしながら、郵便受けに新聞を配っていった。
 だれも聞いていないと思っていたが、「いい声だね。がんばって」「あなたの元気な声のおかげで早く起きられるようになった」と励まされ、「あいさつも相手に通じれば、喜んでもらうことができる」と実感したという。
 そうした感動を味わってもらいたいと始めた教え子たちへのあいさつ運動。「おはようございます」「ご苦労さま」「ありがとう」「さようなら」。最初は見向きもしなかった生徒たちが、自然とあいさつを交わすようになった。
 「こちらが心を開けば、相手にも必ず通じるんです」。平岡さんは力を込める。
 教員時代、退職後も続けた毎朝のあいさつ。そんな地道な活動が協会の目にとまり、「大使」としての役割を託された。
 「体が続く限り、あいさつの心を伝えていきたい」。平岡さんの挑戦に終わりはない。

障害者の就職内定率9割の高校! [障害者 雇用 採用 仕事]

知的障害越え“奇跡”の就職内定9割 高校生の頑張りと指導法(産経ニュースより)

 知的障害のある生徒が通う大阪府立たまがわ高等支援学校(東大阪市)で今春卒業予定の就職希望者のうち、約9割の生徒の就職が内定したことが5日、分かった。長引く不況で就職難が続き、府内の高校生の就職内定率が67.9%と低迷するなか「奇跡的な数値」と話題を呼んでいる。森均校長は「不況のなか生徒たちががんばった。子供の将来を不安に思う保護者も多いが、働いて自立もできると明るい光が差してくる」と声を弾ませている。

 ■入試競争率2倍
 たまがわ高等支援学校は、平成18年に開校。昨春に卒業した1期生の就職率も8割を超えた。就職先はスーパーや工場、運送会社など多岐にわたる。
 府教育委員会によると、15年度の知的障害のある生徒の就職率はわずか13.7%だったが、同校の躍進で、府全体の障害者の就職率も上昇。今春の入試では1.95倍と支援学校としては異例の高倍率となった。人気の高まりで、府は同種の支援学校を増設する計画だ。

 高い就職率の背景には、職業実習を中心にした独自のカリキュラムがある。授業時間の半分を職業訓練に充て、働く意識を強く持たせる狙いがあるという。

生徒たちはタイムカードで登校時間を記録。遅刻した場合は赤字で時刻が印字され、教師が生徒に時間管理について指導する。校内には業務用のオーブンなど本格的な厨房(ちゅうぼう)や介護用ベッドが並ぶ実習室、喫茶店を模した施設もあり、生徒は店員などの仕事を疑似体験できる。

 同校が繰り返して指導しているのは「大きく明るい声であいさつする」「作業前にはつめを切って手を洗う」「きちんと清掃をする」などの基本的な動作。白木原亘教頭は「仕事で大事になるのは人間関係。ルールを守ることがコミュニケーションにとって大切だ。職場に近いルールを学校に持ち込むことでいろいろなことが身に付く」と話す。

 知的障害がある場合、変化に柔軟に対応できなかったり、複雑なことを覚えられない生徒がいる一方、同じ作業を続けることが得意な生徒も多い。教師たちは生徒たちの個性を理解してもらおうと、3千社以上を訪問。就職先の開拓を進めてきた。

 生徒の就職先からは「誤解があった」「溶接や溶断の技術があるとは驚いた」「礼儀正しく職場の雰囲気が変わった」という感想が学校に寄せられている。森校長は「障害のある生徒に対し、企業側は漠然と不安があると思うが、まずは職場実習を受け入れてみてほしい。きっと考え方が変わるはず」と話している。

介護福祉士 合格率91.7% [介護福祉士 資格 試験]

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~


(秋田魁新報社 さきがけon The Webより)
六郷高福祉科、合格率91.7% 介護福祉士国家試験、過去最高

美郷町の六郷高校を今春卒業した福祉科5期生の介護福祉士国家試験合格率が、2003年度の同科開設以来最高となる91・7%に上った。過去5年間、全国の平均合格率が50%前後で推移しているのに対し、同校は1期生から70%以上を維持、高校の福祉系学科では全国でも上位に位置している。

 同校によると、昨年度は福祉科の生徒26人のうち、24人が介護福祉士国家試験に挑戦。筆記と実技(一部の生徒は講習会を受け免除)の結果、22人が合格を果たした。全国の受験者は15万3811人、合格者は7万7251人だった。

 同校は福祉科開設以来、1期生70%、2期生75・9%、3期生90%、4期生79・2%と高い合格率を維持している。当初から指導に当たっている同科主任の吉沢直子教諭は「われわれ教師にも国家試験へ対応するほどの知識はなく、まさに手探り状態だった」と話す。既に福祉系学科を設置していた合川高の担当教諭を招き補習授業を行うなど、国家試験合格に向けて学校を挙げて取り組んできた。

 吉沢教諭は「昨年度の生徒は入学後の頑張りがすごかった。夏・冬休み、平日の補習にもくじけずについてきくれた」と振り返り、「5回の実績を踏まえ、ようやくノウハウを築くことができた。介護という職業で生きていこうという生徒の目的意識の高さが成果を生んでいる」としている。

介護福祉士の年収アップマル秘講座



素人動画の更新情報 ビーズ 洗面ボウル 札幌 ゴミ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。